赤ちゃんが欲しい人は必見|不妊治療で夢を現実にしよう

看護師

まずは病院に

看護師

内膜症の治療

不妊治療を行うための第一歩は病院に行くことです。病院では卵巣の様子を、内診や超音波検査を行って調べます。卵巣に異常がないか調べるのですが、その時点でチョコレート嚢腫が見つかったり癒着が発見されることがあります。これが子宮内膜症という症状になりますが、この症状が見つかれば最初にこの治療にあたっていきます。名古屋でも不妊治療の段階でこの症状が見つかり、この治療にあたっている人が少なくはありません。子宮内膜症の治療として対処療法や偽閉経療法、あるいは手術を行ってこの症状の治療にあたっていきます。対処療法は月経の周期を保ちつつ薬を利用して症状を和らげていき、偽閉経療法は薬を使い月経を止めて、内膜症の病巣を小さくしていきます。手術では嚢腫をとったり癒着をはがしていきます。

卵管の通過障害

不妊治療は内膜症だけではなく夫の精子の問題や排卵の問題など、ほかに不妊原因はないのか明らかにすることがとても大切です。名古屋でも内膜症以外の不妊治療を行っている人が多くおり、不妊の原因を調べている人もたくさんいます。内膜症の状態によっては不妊治療を一時中断して、この症状の治療を重点的に行うことも大切です。重度の内膜症でこの治療を主に行っている人も、名古屋にはたくさんいてこの治療が終わってから不妊治療に専念する人も名古屋には多くいます。一番大切になるのは卵管に通過障害があるのかないのかの確認で、この障害があれば妊娠することが不可能になってしまいます。通過障害が見つかれば治療を行ってこの障害を取り除くか、あるいは体外受精をするかの選択をすることになります。

Copyright© 2016 赤ちゃんが欲しい人は必見|不妊治療で夢を現実にしよう All Rights Reserved.